世田谷区、梅丘の眼科|梅ヶ丘ひかり眼科|梅ヶ丘駅前です

糖尿病網膜症

糖尿病の三大合併症のひとつで、網膜の血管が膨れたり、閉塞したり、
破れたりするために網膜や硝子体などに異常が出てくる病気です。
糖尿病になってから数年経過して発症すると言われていますが、初期の
頃にはほとんど自覚症状がなく気がつかないうちに病気が進行している
場合がほとんどで、ある日突然眼底に大出血を起こしてしまうことが
あります。自覚症状がないから大丈夫という自己判断はせずに、
糖尿病と診断されたら定期的に眼科で検査を受けることをおすすめします。

糖尿病網膜症の進行について

糖尿病網膜症は、進行の程度によって、3段階の症状に区分されます。

単純網膜症

自覚症状や視力低下は全くありません。内科的な血糖コントロールを行いながら
経過を観察しながら進行を防ぎます。

前増殖網膜症

網膜の毛細血管の流れが悪くなり、網膜の栄養不足・酸素不足が進行してくると、
網膜に出血やむくみがでてきます。レーザーによる治療も検討します。

増殖網膜症

網膜の酸欠が進み、酸素を送り込むために新生血管が発生します。新生血管が破れ、
硝子体から出血がおこると、視力低下の症状が出てきます。糖尿病網膜症の末期状態で、
レーザーによる治療を行ったり、時には手術が必要になることもあります。

糖尿病網膜症の治療方法

血糖コントロール

検査の上、初期であれば「食事療法」「運動療法」「薬物療法」により、血糖値をコントロール
することで症状の進行を防ぐことが出来ます。血糖値を安定した状態に保つことができれば、
小さな出血などは自然に消えることもあります。
もちろん、他の治療を行う場合でも、血糖コントロールは継続することが必要です。

レーザー治療:網膜光凝固術

網膜の血流障害の部位やむくみの部位にレーザーを行います。

手術療法:硝子体手術

糖尿病網膜症が進行し硝子体出血を繰り返す症例、増殖膜が認められた症例、
血管新生緑内障と判断される場合は、より適切な医療機関(連携病院など)へのご紹介も行います。

医院概要

医療社団法人 星光会

住所

〒154-0022
東京都世田谷区梅丘1-32-2
梅ヶ丘駅北口目の前

梅ヶ丘ひかり眼科アクセス地図 〒154-0022 東京都世田谷区梅丘1-32-2 梅ヶ丘駅北口目の前 Google Mapで見る▶

電話番号

03-5799-6601

診療時間

診療時間
9:30〜12:30 -
15:00〜18:30 - - -

★ 9:30〜13:00

受付は診療終了時間の15分前までにお願いいたします。
例:診療終了時間12:30の場合は受付締切は12:15となります。

初診の方、眼底検査予定の方(区健診、飛蚊症、眼球打撲など)、眼鏡処方を希望される方、およびコンタクトレンズの経験があり、処方を希望される方は、受付終了の1時間前までにご来院ください。

休診日 水曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日

ページトップ